雄島橋

 一番最初に雄島に橋が架かってから、80数年になります。初代の雄島橋は昭和11(1936)年5月から工事に入り、昭和12(1937)年4月に完成しました。森井幸次郎氏が県の許可を得て、信仰と観光の目的で、約300メートルの橋を架橋したのです。総工費は当時のお金で約4万円掛かったと言われています。
 それから15年6ヶ月で当初の契約にのっとり、雄島橋の所有が当時の雄島村に変更されます(現在は三国町を経て坂井市に帰属します)。

 今の橋は三国町が昭和56(1981)年10月に竣工した二代目の橋です。224メートルの長さがあります。又その際、橋の前面に駐車場も新設されました。

 ちなみに、平成22(2010)年に朱色の塗り直しを含めた修復補強工事にかかり、平成25(2013)年に竣工して、現在に至ります。

雄島橋がなかった頃。鳥居は昭和2年、狛犬は昭和6年ですから、
それから昭和11年の間の写真だと考えられます。

初代雄島橋竣工の際の写真(昭和12年)

二代目雄島橋竣工の際の写真(昭和56年)

大鳥居工事の際の写真(昭和12年)

大鳥居

 昭和2(1927)年4月に小森石材店の施工により竣工したのが、雄島にある現在の大鳥居です。雄島という神域において、聖と俗を隔てる境界であるという象徴として存在を示しています。当時はまだ雄島橋がありませんから、大鳥居その物も、それを組み上げる巨大な木材等も、船を使って海を運んだのでしょう。
 この大鳥居ができる以前に、鳥居はあったのでしょうか? 室町時代の『社領絵図』にも、以前取り上げた江戸時代の『福井藩十二ヶ月年中行事絵巻』「二月二十日 三保嶋祭礼の図」にもその中の雄島には、島の手前に鳥居が描かれています。おそらく、同じような場所に、規模や材質は不明ですが、古くから鳥居はあったのでしょう。この大鳥居は、何代目かは不明ですが、古い時代からこの場所に雄島を守る大事な鳥居があり続けたと思われます。




雄島灯台

 昭和29(1954)年1月に初点灯が行われ、現在も海上航行の目印として使われている雄島灯台。光達距離は約22㎞。